恋愛@FFXI裏ヴァナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 不信

<<   作成日時 : 2005/11/11 12:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと冷静になって考えてみた。

ただ興味本位で知りたいだけなのかも知れない。
で、ちょっとカマかけてみたのです。

私とつきあってること赤タルさんに言ってもいい?

もちろん本当に言うつもりなんてありません。

すると・・また予想外の答えが返って来た!

「なんで?別に言うことないしw」

は?

「本当に言ったの?どうなの?」

滑稽なほどしつこく聞いてくる。

しばらくP会話もテルも止まる。
なんだか不安になってたまらず赤タルさんにテルしてしまった。

<彼>からなにかテルきた??

ほんと・・突然何を聞いてしまったのかと思ったけど止まらない・・・

「<私>さんから何か言ってきた?って<彼>さんに聞かれました(>_<)」

絶句した・・・・
彼はどうするつもりなの??何がしたいの?
赤タルさんを私の時のように口説くつもり?

何を考えているのかさっぱりわからない。

赤タルさんもいい迷惑だろう。私と彼の痴話喧嘩に巻き込まれて・・・

こんな時、本当にFF内での恋愛は難しいな。と痛感しました。
リアルなら私が目の前にいたら彼も赤タルさんを口説くなんて不可能ですよね。
でもヴァナだとテルという手段があるから可能なわけで・・

この無言の間に彼が赤タルさんにテルしてるような気がしてたまらない。

先月会って気持ちを確かめ合って大事にすると言ったばかりなのに
なんで他の人が気になっちゃうの?

もう痛い女だと思われてもいい。
思い切って赤タルさんに彼と付き合ってることを言いました。

「そうだったんですか〜(゚▽゚;)」とだけ返ってきた。

本当は他に彼からテルが来たか聞きたかったけど
これ以上赤タルさんを困惑させるわけにはいかない・・・。

彼の意図もわからないし、私の被害妄想で暴走してしまい
なんだか赤タルさんとの友情にひびが入ったようでこの時は辛かった。

この後、赤タルさんは何度かLSつけてくれたけど結局抜けてしまいました。

彼が赤タルさんに何か言ったのかどうかは未だにわからないままだけど、
あの時の事が原因で少し居づらくさせてしまったのは確か。
自分が誘っておいてひどい話です・・・

このことは今でも後悔しています。
今の私ならもっとうまく対処できたのに。

私以外の女性に彼が興味を示したのを初めて目の当たりにして冷静になれかった。

信じるって決めたばかりなのに・・・
やっと築き上げ始めたものがガラガラと音をたてて崩れていった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不信 恋愛@FFXI裏ヴァナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる